日常 航空祭

東京上空ブルーインパルス飛行

昨日突如発表されたCOVID-19対応にあたる医療従事者への敬意をこめての

東京上空ブルーインパルス飛行

先程防衛相から報道発表が下記の通りありました。航空情報(NOTAM)も発出されています。(RJTD 0235/20)

先程10時ごろにようやく発表。高度は2000フィートから5000フィートの間。

機体数はT-4が7機。おそらく実際は6機編隊で、1機はカメラチェイサー機なんですかねぇ。それにしても前日告知の当日NOTAM発出で、この高度設定は思い切りましたねぇ。

これでは東京TCA圏内を飛んでいる小型機の使用事業会社や航空測量やってる会社には、今日晴れているから撮影日和や、仕事日和なのに寝耳に水ですねぇ。

気温が上がりきると積雲が出てきてしまったりで撮影チャンスを逃してしまうので。そして報道ヘリコプターが一気に上がってきました。各社ともブルーインパルスを上から撮影したいようで、NOTAMの告知高度ぎりぎりの5000フィートから6500フィートの場所取りを死守しています。

今兵庫に暮らす私としては見れなくて残念ですが、そこはテレワーク全盛のこの時代です。羽田空港の管制圏の無線を聞くことが出来るLiveATCというサイトがあります。リンク(https://www.liveatc.net/hlisten.php?mount=rjtt_twr_tca&icao=rjtt

こちらの無線を聞きながら、都心上空を見ることが出来るライブカメラのサイトさんからブルーインパルスを見ることにしてみます。

ちんあなごさんのレインボーブリッジ、東京ライブカメラ

ライブトウキョウさん 溜池山王、赤坂、首相官邸、東京駅方面ライブカメラ

東京水路配信(IEじゃないと見れない場合もあるようです)

http://tokyosky.to/

Toyo Comtec Live Channelさん

え?仕事ですか?

部分休業と公休日が重なって4連休です、複雑ですねぇ。

飛行展示を見ながら全ての医療従事者と新型コロナウイルスで苦しんでいる方々にエールを送りたいと思います。

さてさて、今日はここまで。

-日常, 航空祭

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFilipinoFrenchGermanItalianJapaneseKoreanMarathiNorwegianPortugueseRussianSpanishTurkishVietnamese