日常 食事

プロペラカフェに行ってみた

2018/02/14

先日、調布飛行場にあるプロペラカフェに行ってきました。

先日というより、ここ数か月で数回ほど立ち寄っているのですが

いずれも美味しい料理やドリンクの数々、加えてモーション付きのシミュレーターを備えていて

何より日本で滑走路に一番近いカフェなのではないでしょうか?

晴れた日には離着陸する飛行機を本当に近い距離から見ながら、美味しい食事を楽しめる。飛行機好きにはたまらない好立地なカフェでしょう。

今回は店内の様子や料理、隣接する格納庫の機体などなどをご紹介。

ここは普通のカフェに入店することに比べたら、まずお店に行きつくまでに少々難関があります。徒歩でも車でも行けることは行けるのですが、

格納庫の中のお店に行きつく前に、調布飛行場の事業者用道路を通る必要があります。しかも警備員さんが立哨警備している門を通らないと行きつけません。

そしてゲートには関係者以外立ち入り禁止の文言が。

ただし警備員さんにカフェへ行きたいのですがと聞くと通して頂けます。しっかり入域メモのような記録を取られているようですが。

逆に考えれば入らせてもらえば、入口を警備員さんにしっかりガードしてもらっているので、治安的に安心なカフェでもある訳です(笑)

まあ空港なのだから当然といえば当然なのですが。

さてさて、ホームページのリンクは下記。メニューを写真付きで紹介しています。

プロペラカフェ

 

実際に食べに行った時の写真がこちら。

結構メニューが豊富にそろえてあります、スイーツ、デザートはホームページで写真付きで紹介している上に期間ごとに新しいのを出しているのでお子様連れや家族向けといった感じでしょうか。

お値段は料理800から1000円前後に、デラックス系だと1200~1400円前後といったところ。

ドリンクは500円~600円前後と、ものによってといった感じでしょうか。

空港のチェーン店以外のカフェって、少し街中のカフェより高かったりしますよね。展望台にあるコーヒーとか。インスタントっぽいやつとか。

ここのコーヒーはそれに比べたらしっかりしてます。

 

格納庫内にはヘリコプターのアグスタA109、ソカタTB-9タンピコ、リバティーXL-2などが格納されていました。

アグスタA109はたまに地上でエンジン回しているのを見たことがありますが、飛んでいるのはまだ見たことがありません。

そもそも2年前の事故以来、自家用機の調布飛行場離着陸飛行はいまだに飛行自粛扱いです。

多分国内ではここだけにある機体じゃないかというセスナ150、少し離れて機体全体を見るとおもちゃの飛行機みたいな錯覚に陥りそう。

あと格納庫の奥にはポルシェやランボルギーニ、リムジンなどが何故か置いてあります。調布飛行場で高級車ってなかなかミスマッチじゃないかと個人的には思うのですが面白いから良いと思います(笑)

それとシミュレーター。

お役立ちリンク集のページ中段にあるシミュレーターのリンクでも紹介していますが、今回行ってみて新たな情報としては5分間で500円。15分で1500円使えるということです。

使われているソフトや操作系はなかなか古いもので、最近流行りのFTD(フライト・トレーニング・デバイス)については以前投稿したことがありますが、それらほどの操作性や精度まではいかないにしても、この値段はモーション付きの小型機シミュレーターだとなかなか良心的だと思います。

普通にモーション無しのFTD1時間で30,000円というところもありますし。

グアムの訓練の合間に、飛行感覚がもしかしたら維持できたりするかなあと、2回ほど使ってみましたが、途中少し処理落ちするのにはうーんと唸ってしまいました(笑)この値段ならしょうがない。

あと、皆さまがお食事時に利用させて頂くと、大爆音をかき鳴らすので少々恥ずかしい感じになります(笑)

あれはあれで面白いかと。

さてさて、今日はここまで。

 

 

 

-日常, 食事

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFilipinoFrenchGermanItalianJapaneseKoreanMarathiNorwegianPortugueseRussianSpanishTurkishVietnamese