チェックライド 飛行訓練

第5回飛行訓練直前、Check Rideに向けて

しばらくぶりの投稿です。余裕が無くなってきました。

本日夜、成田からグアムへ向けて渡航いたします。今回の目的はついにCheck Rideです。

見返すことが山のようにあります。

油断すればFailされるかもしれない恐怖、ちゃんと許容範囲内で失速を実演できるのか。

チェックリスト見落としたりしないか。

客観的に見て、自分が追い込まれているのが分かります。

どこぞやのサイトか教官の話しか忘れましたが、Check Rideでは普段とは違う緊張状態におかれるStudent Pilotは

思わぬ行動に出ることもあり、試験官(Certified Flight Instructor=CFI)はいつでも危険な状態に近づけばTake Over(操縦を交代する)するように

考えているそうです。そのまま放っておいたら安全な運航から逸脱するのですから当然です。

時には指摘を受けた瞬間に焦って、間違えてスロットルの隣にあるミクスチャーレバーを全部引こうとする人もいたそうです。

その瞬間、試験官は左手で生徒の手と一緒に思いっきり前まで叩き戻したそうです。

それもそのはず。ミクスチャーは燃料の混合比を調整するレバーです。当然全部引いたらエンジンへ燃料供給が無くなりますので

エンジンが止まります。もし教官が気づかなかったら生徒はパニック状態ですから気づかないでしょう。

怖すぎです。

会社⇒帰宅⇒家事⇒食事⇒風呂⇒勉強⇒睡眠⇒起床⇒会社

だいたいこのパターンで生活が固定されていて、規則正しい生活になるかと思いきや。そう簡単に人の性格は変わりません。

毎日毎夜、勉強のペース配分がうまく調整できずに夜更かしさんです。

空域の勉強していたかと思えば、あれ?昼間はいいけど夜間はどう変化するんだっけ?そういえば夜間の視程は空域ごとにどうだっけ?

携帯するべき書類はどうだっけ?メディカルの有効期限は40歳過ぎると何か月まで有効だっけ?

 

考えれば考えるほど、芋づる式に調べ直すことが増えてきて予定通りに進みません。

途中から寝不足顕著になってきたので、最近1週間ほどは夜23時になったらベッドへダイレクトエントリーしています。

夜更かしが続くと、基礎体力が削られるので、その翌週はさらに疲弊するという悪循環に陥るからです。断ち切るには諦めて寝ることが一番!

煮詰まったら開き直る!

最終的に今は渡航準備もろもろ準備していたら午前2時を過ぎています。

おかげで夜のユナイテッド便では熟睡できる気がします。

結果オーライ?

さてさて、また渡航したら海外からのブログアクセスを制限しているので更新が出来ません。

今日はここまで。次回は5月22日以降です。

次に投稿する時はPrivate Pilotを持っているのか、はたまた飛行時間だけ増えてStudent Pilotとして帰ってくるのか。

乞うご期待?(笑)

※salaryman-pilotでTwitter始めました、どこぞの中華料理屋のように冷やし中華始めました的なニュアンスですが

そちらでピーチクパーチクつぶやきはじめようかと思っています

-チェックライド, 飛行訓練

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFilipinoFrenchGermanItalianJapaneseKoreanMarathiNorwegianPortugueseRussianSpanishTurkishVietnamese